オリジナルコラム
nicedaytour
執筆者: 東出 陽子
vol.110 パラオ語を話せるか

 

11001.jpg

私はパラオに10年近くいますが、パラオ語を話せる日本人(外国人)に会ったことがありません。

 

パラオ人と結婚して、周りの家族がすべてパラオ人、という日本人の女性をたくさん知っていますが、誰もが「パラオ語は話せない。こんにちは、ありがとう、など単語をいくつか知っているだけだ。」といいます。

パラオ人は私たちには難解なパラオ語で会話しますが、学校教育は基本的に英語で受けているため、英語も難なく話せます。

そして日本人とパラオ人が話す場合は英語を使うので、我々はいつまでたってもパラオ語がわかりません。なぜパラオ語がわからないか。まず、日本語→パラオ語の辞書、テキストなどがありません。というか、パラオに本屋がありません…。独学でがんばるしかないのです!

11002.jpg

そして、パラオ語は日本語にない発音も多く、読み方が想像できない。例えばNg-で始まる言葉がよくありますが、我々には難しいです。

ダイブサイトの「ゲロン=Ngerchong」「ゲドブス=Ngedebus」などがその例です。ビーチで上陸する島にある島名の看板も全然読めません。

しかし、毎日ダイビングボートに乗って仕事をし、ベラベラしゃべってゲラゲラ笑っている明るいパラオ人たちを見ていると、「私もパラオ語でバカ話ができたらなあ。」とちょっと思います。

11003.jpg

ある日パラオ人がボート上でつぶやいた言葉をそのまま真似して「ゲ ブランコ ディブロウ…」と言ったらパラオ人たちに大受け。「なになに?どういう意味??」と聞くと「ブランコ(ボートマン)、運転チョー早すぎ!」という意味だそうです。

そして私はランチタイムにパラオ人からたくさんのパラオ語を習い、書きとめてみました。文法などはわからないので覚えるのみです。

特にダイビングガイドの私はパラオ人との会話のほとんどは、どこに行くか、どこに行ったか、潮の流れについて等なので思いつくままに教えてもらいましたが、数日眺めていたら割と覚えてしまいました。みなさんもプリントして部屋に貼り、覚えてみてはいかがですか?

 

 

 

*赤字ニアクセントヲオキマス

挨 拶

What's your name?

Ngta chang klem 

 

 

  タ   アン  ク

 

My name is YOKO

a ngklek a YOKO

 

 

アッ  ク ガ ヨウコ

 

How are you?

Kouangerang.

 

 

   ワガラン

 

'm fine.

Akme sisiich.

 

 

ックム  シーシー

 

'm tired.

Akmal mesaul.

 

 

アク ウ マウラ

 

Very tired !

A koi

 

 

ア・コー

 

BAKA

Chouikel

 

 

オ・イーグル

 

What are you doing?

Ke mekerang?

 

 

 ケ  メカラン

 

Good morning

Ungil tutau

 

 

ンール トウー

 

Good evening.

Ungil kebesengei.

 

 

ンール ケベセンゲイ

 

Thanks

Sulang

 

 

スー

 

It's hot.

Kmal mekeiald.

 

 

ール  マカヤー

 

It's cold.

Kmal mekelkolt.

 

 

ール メ ケ コー

 

See you later.

Maureiur

 

 

  マウ

 

See you tomorrow.

Ma kluukuk.

 

 

 マッ クルグー

 

 

 

日常会話

Where is the cup?

Ngarke kob?

 

 

 アラゲー コッ

 

What do you like to do tomorrow?

Ngera soam ra klukuk.

 

 

 ゲン サム ク  クルグー

 

What's this?

Tiang a ngerang.

 

 

  ティン  ガラン 

 

I see.

Ahh.

 

 

アー

 

I knew.

ak medengae

 

 

アク  モド  

 

I don't know

Ngdiakudengei

 

 

ンディヤグド

 

No need.

Ngdiak a belkul.

 

 

  ジヤガ バル

 

Tomorrow Harry will go.

Aklukuk ea Harry a bye bye.

 

 

  アクルグー  ハリー  バイバイ

 

Tomorrow I'll SAKARI.

Aklukuk eakmo SAKARI.

 

 

アックルグー アックム サカリ

 

yesterday

Chelii

 

 

リー

 

 

 

 

 

 

ダイビング

Today I will go to BC and GC.

Elchang eak mora BC ma GC.

 

 

 エルン   アクモー  コーナー  ジャーマン

 

Where did you go today?

Kemlorker er elchang?

 

 

 コムローラ  ゲラ  エル

 

Today I went to BC and GC.

Elchang eak mlora BC ma GC.

 

 

 エルン  アクムローラ  コーナー  ジャーマン

 

How was it?

Ngmleuangerang

 

 

   ム  ワガラン

 

It was good

Ngmleungil

 

 

  ム ウー

 

It was no good

Ngmlemekngit

 

 

  ム  マクニッ

 

Very good.

Ngk malungil.

 

 

    マ ルー 

 

Very no good.

Ngk mal mekngit.

 

 

    マル  マクニッ

 

It's beautiful.

Kmal klebokel.

 

 

ール クレボーグル

 

Let's go.

Dorael.

 

 

ラーイル

 

Hurry up.

Mor che dau.

 

 

 モー  エ  ダウ

 

Come.

Mei.

 

 

 メ

 

Blanco is driving too fast.

Ngke Blangko el di blouch.

 

 

   ブランコ    ディ ブロウ

 

Blanco was driving slow.

A Blangko a dimle zoro.

 

 

  ブランコ   ディム ソロ

 

 

 

流レ

How is the current?

Nguangera beriuus?

 

 

   コアガラ  ブウス

 

Incoming or Outgoing?

Ngkeriik ng eheraches?

 

 

ガ リーグ  ン エアス

 

Incoming

Keriik

 

 

ガ・リー

 

Outgoing

Cheraches

 

 

  エ・・アス

 

Very strong current

Ngkmal mesisiich a briuus.

 

 

    ム   シーシー  ア ブウス

 

No current

Ngdiak a briuus.

 

 

  ジャガ   ブウス

 

 

 

 

 

 

単語

TAPIOKA

Diokang

 

 

ディカン

 

MANGROVE SHELL

Ngduul

 

 

ドウールラ

 

CLAM

Oruer

 

 

オルウエー

 

Japanese

Rechad er a Sabal

 

 

    ア ラ  シャ

 

Palauan

Rechad er a Belau

 

 

    ア ラ   ベ

 

 

東出陽子
パラオ暦10年、総タンク本数5000本(2008年10月現在)。Fish’nFinsガイドインストラクター。国際色豊かな当店の日本人ダイバー部門の営業、予約、ガイドを7年間ほぼ1人で受け持ち、自分が受けたいと思うようなガイディングを心がけている。不定期でリピーターあてに発信する型破りなYOKOニュースが好評。
http://it-net.ddo.jp/fishnfins/

vol.75 パラオで一番好きな生物

 

イビングガイドの私がパラオで一番好きな魚は「マンタ」です。
なんちゃらウオ とツウでかっこいい返答をしたいのですが、マンタを見た時に一番幸せを感じます。マンタですよマンタ!ガイドでもやっぱりマンタです。パラオのガイドブックには必ず登場するあの大きな黒いエイです。よく思うのです。パラオに来る一般ダイバーたちにとても重要な課題はマンタが見れたか見れなかったか。必ず見られるものではないのですが、マンタはダイバーを幸せにするなあと・・・。マンタのいいところは動きが優雅なところ。ダンスをするように水中を泳ぐ。あれはきれいでしょう。ダイバーでなければあの動きは見られないのです。写真ではわからない。そして、マンタには多少こころがあると思います。魚ですが、一般の魚より動物に近い。気持ちがいいとうっとり目をつぶります。子供のマンタはやんちゃでメチャクチャに泳いだり、意味なくグルグル回ったり、ダイバーを覗いたりします。

2007年2月に本当にあった話ですが、うちのパラオ人ガイドセクセイが、ジャーマンチャネルでマンタのクリーニングを見ていた時、開いたマンタの口(上あご)にカジキを釣るサイズのトローリングのルアーと糸がささって垂れ下がっていました。野生児セクセイはマンタの背後から近づいて、ルアーをひっぱってはずそうとしたけれど、針がくい込んでとれなかったそうです。マンタはビクビクッと暴れて頭ヒレを丸めて一度逃げました。
しばらくしてまたクリーニングに戻ってきたので、セクセイは再び上から近づき、今度は水中ナイフを持って針がくい込んでいる口の肉を切って外そうとしました(親知らずを抜く手術のように?)。マンタは最初はびっくりしてまた頭ヒレを丸めましたが、そのまま我慢するがごとくとどまり、次第に頭ひれを垂れて(リラックスしている証拠)針を外してもらうのを待っているのです。きっとマンタは針が嫌だった、そしてセクセイが外してくれる、ということを分かっていたようでした。針はついに外れてマンタは嬉しそうに見えました。この様子は15分くらいに渡って、外人ゲストの簡易ビデオに残っています。その後このマンタはジャーマンチャネルのマンタ根にしょっちゅう登場し、なんとダイバーの顔を一人一人覗きこみながらゆっくり泳ぎ回ります。セクセイを探しているのかも!というのは私の勝手なロマンスですが、ジャーマンチャネルによくいる、若めのブラックマンタがそれです。2007年3月以降毎日のようにいたから、見かけたり写真に撮ったお客さんもたくさんいることでしょう

 マンタは必ず見られるものではありませんが、概して冬のほうがコンスタントに見られる確率が増します。
1?3月のベストシーズンだと、数日潜ればだいたいのお客さんは見られる気がします。

 


 

 

 

東出陽子
パラオ暦10年、総タンク本数5000本(2008年10月現在)。Fish’nFinsガイドインストラクター。国際色豊かな当店の日本人ダイバー部門の営業、予約、ガイドを7年間ほぼ1人で受け持ち、自分が受けたいと思うようなガイディングを心がけている。不定期でリピーターあてに発信する型破りなYOKOニュースが好評。
http://it-net.ddo.jp/fishnfins/

 

vol.44 バラクーダのお寿司

ラオでダイビングに行くと、合間にボートマンがついでのトローリングをし、エサもサオもないのに(ルアーと釣り糸のみで)日本で買ったらいくらするだろう?というような大きな光る魚をいとも簡単に釣り上げるシーンをよく見かけます。そして無欲で人懐っこい彼らは、誰も頼まないのにものの10分でこの大きな魚を10人前くらいの刺身に切りさばき、バッグから醤油、レモン、ワサビを出してボートのみんなにふるまってくれます。

 

「パラオにワサビがあるの?」とはじめてのゲストは驚きますが、日本統治時代の名残で、醤油、ワサビ、刺身、白いご飯などはパラオ人の定番メニューです。ワサビは日本のようにちょっとでなく、チューブからぶにゅーっと10cmくらいしぼりだされます。そして、あれば醤油に島レモンが搾られます。レモン?そう、南国の採れたて刺身には爽やかなレモン醤油がよく合います。パラオ人はピリ辛味も好きで、ここに小さな生の激辛トンガラシが1本入ることもあります。

ダイビングのついでによく釣れる魚は、

・スマガツオ
(30-40cm位の小さめのカツオ。背びれの下に斜めのシマシマ模様あり)…・赤味のカツオ。上手にシメて切ると美味しい。 

・バラクーダ
(ダイビングで見るあのバラクーダ)…・バラクーダってシガテラ毒があるんじゃないの?!いいえ、それは地方によるらしく、パラオのは問題なし。白く透き通った肉で歯ごたえがあり、釣りたて刺身は悪くない。

・キハダマグロ
(ダイビングでは見られない。尻尾が黄色く丸々太ったかっこいいマグロ。)・…くせのない上品な赤身。魚臭くなく歯ごたえもあり飽きずにいくらでも食べられる。

・カマスサワラ
(ダイビングで見られるヨコシマサワラに似た外洋性の魚。沖合の安全停止中に見られることも。大きさ1m以上。)…・薄桃色の肉。刺身には淡白だが、切り身を料理するとどう料理しても美味しい。調理後は鶏肉か?!と思うくらい匂いがなく身は上質のササミのような品のよさ。塩コショウでソテーするだけで味付けもいらないほど美味しい。

これらを仕事の合間に釣ることはパラオ人には朝飯前です。

さて、私は今年5月に小笠原に2週間行ったのですが、伊豆諸島では「島寿司」という人気郷土料理があります。南国の白身の魚をヅケ(醤油につける)にして、にぎりのネタにしたもの。白身のヅケは、醤油の色で赤身の刺身のような色になります。そして小笠原では昔ワサビが手に入らなかったため、今も洋ガラシをワサビの代わりにシャリに塗りますが、違和感なく島寿司によく合います。ダイバーに人気の島寿司の折り詰めは同じネタの寿司が10個くらい入るだけで1000円以上しますが、美味しいので大人気です。

小笠原のビジターセンターに、観光客向けに島寿司の作り方のプリントが置いてありました。使う魚はカマスサワラです。切身を15分醤油に漬ければいいだけです、パラオでもできるではないですか。早速パラオであまったサワラを持ち帰り作ってみました。食べてみると、うわー美味しい!しかも醤油皿がいらないのでパーティーでもサンドイッチのように簡単に食べられる。コストも激安…・。ある日大勢での夕食会を企画し、パラオ人にサワラを釣ってきて、と頼んだけど釣れたのはバラクーダだけでした。「えーバラクーダー??困るー。パーティーはどうなるのー!!」と言うと、「ノー!バラクーダもベリーオイシーサシミ!」と言われ、もう時間もないしバラクーダで島寿司を作ってみることにしました。・…結果、サワラよりもっと美味しかった!!バラクーダをヅケにすると身がサワラ以上にトロッとしてシャリとよくなじむし、味も口当たりも申し分なしでした。

他にパラオの魚で作る、私のはずせないオリジナル料理をいくつか紹介します。

「ツムブリカレー」小さめのツムブリで、さばき方もわからないし・…あるとき困ってそのままぶつ切りにしタイカレーの具にしてしまいました。ココナツミルクとバジルとナスがたっぷりに、市販のタイカレーペースト、ナムプラー、青唐辛子、砂糖、スープの粉を入れ15分煮るだけ。味噌汁くらい簡単です。煮崩れたツムブリはツナ缶のようにグチャグチャでしたが、冷えるとなんとカレー全体がゼリー状に固まりました。煮こごりというわけです。ツムブリに、いかに油がたっぷり入って栄養があるのかが分かりました。もちろんそんなリッチな素材のカレーは味わいがあり美味しいのです。

「サワラの味噌焼き」数日たったサワラは切り身にして、味噌とみりんを混ぜたものを表面に薄く塗り、数時間おきます。熱したオーブンかトースターで両面を焼きます。ふわふわの白身のサワラと炊きたての白いご飯との組み合わせは絶妙です。

「SAMMY風カツオのたたき」仲良しの水中写真家SAMMYさんが作ってくれた南国料理。スマガツオかキハダマグロはさくに切り、表面をさっとあぶります。焼き網の上にアルミ箔をしいて、5秒ずつのせればそれでOK。そしてニンニク、ショウガ、青ねぎをどっさりみじん切りにし、スライスしたカツオにたっぷりのせ、食べる直前に市販のポン酢醤油をかけます。いくらでも食べられるくらい美味しく、ビールもすすみます。

「あら汁」身をとって残った魚の骨や頭は、たっぷりの千切りショウガとタマネギのざくぎり少しとを煮立てた湯に入れ、塩と醤油ちょっとでシンプルに味をつけます。たくさんの刻みねぎをちらして熱々を飲み会の最後に。

観光客のみなさんはパラオで魚を料理するのは無理と思いますが、現地の人に頼んで食べさせてもらったり、有名レストランに行けば、今日ダイビングで見たばかりの魚がきれいな刺身になってテーブルに上がります。日本の寒い海の美味しい魚にはかないませんが、ピリ辛レモン醤油などでアレンジしたパラオ風味付けで採れたての魚を楽しんでみてください。 

 

渡辺 康太郎

東出陽子 (ひがしで ようこ)
パラオ暦9年 ダイブ本数4700本(2007年12月現在) Fish’nFinsガイドインストラクター。国際色豊かな当店の日本人ダイバー部門の営業、予約、ガイドを6年間ほぼ1人で受け持ち、自分が受けたいと思うようなガイディングを心がけている。不定期でリピーターあてに発信する型破りな YOKOニュースが好評。
URL; http://it-net.ddo.jp/fishnfins/

 

vol.21 ココナッツオイルの秘密

ココナッツオイルの秘密

ラオのスーパーの片隅に、何の説明もなく500mlのペットボトルに入った、黄色い油のような液体が売られています(寒い店内では白く固まっている)。分かるのは値段が$2.95だということだけです。
これがパラオ人が日常使うココナッツオイルです。主に料理に使うそうで、サラダ油の代わりにこの油で魚を揚げたりします。また素潜りをする人はこれをサンオイルのように体に塗ります。こうすると寒くないと言います。
私がカープアイランドで働いていた時、時折ビーチにニックニック(サンドフライとも言われる)という見えないくらい小さな虫が発生し、足をよく噛まれました。地面にいる、白ゴマを1/3くらいにしたようなほとんど見えない小さな虫で、季節によりペリリュー近辺に多く、特に朝夕、足首の周りがちくっとしたらもう噛まれています。噛まれたら最後、すでに何10ヵ所も刺されており1ヶ月くらいかゆく、何をつけてもかゆみはおさまりません。困っている私にカープのボス、マリちゃんが「ココナッツオイルをつければダイジョウブ。跡も消えるし虫ももう来ないよ。」と言うので初めて使ってみました。ボツボツの足にサンオイルのように毎日塗っていると、1年近く消えなかったボツボツが1ヶ月くらいでなくなりました。すごい!!油を塗っても足はかゆいのだけど、かきむしっても油が足に浸透して、掻き崩しがなくなるようです。また、これを塗っておけばニックニックは油ですべって足を刺せないそうで虫除けにもなります。
他の用途として、私は裏がゴムのウエットスーツを着る際、普通水にぬらさないと滑らずに着られないのですが、ココナツオイルを手足に塗ってから着ます。ツルンと着れるし、肌の保湿効果もあるようです。手のひらはベトベトになるのでその手で髪の毛をこすります。髪で手を拭く、という感じです。すると髪の毛は良質のトリートメントをつけたようにしっとりサラサラします。椿油、というのもこんなものなのでしょうか?植物からできた油は、つけるときはギトギトしていますがすぐになじみベタベタ感はなくなります。
その他、ココナッツオイルは有名なジョンソン社のベビーオイルのように万能に使えます。日焼けオイル代わりにもいいし、日焼け後の痛んだ肌の保湿剤としても使えます。蚊よけにも傷消しにもなります。ウエットを着る私を見て「何を塗っているのか?」と尋ねるお客さんに説明するのですが、興味を持って買っていかれた方はみなとても気に入り、「もっと買っていけばよかった。」と口をそろえて言います。男の人は海に行く時のサンオイル代わりや日焼け後に重宝すると言い、アロマテラピーなどに詳しい女の人はオイルマッサージに使うととても役に立つと言います。





なみにココナッツオイルはパラオで手作りされ、空きペットボトルに入れられたノーブランド。新鮮で無添加です。油なので数ヶ月たつと酸化して匂いが変わりますが、買いたては甘いクッキーのような幸せな香りがします。はちみつと一緒で、気温が低いと白く固まってしまいます。ちなみに人間が涼しいと感じる温度下で固まりはじめます。秋口でも、クーラーの強い室内でも。その場合は使えないので、お風呂に浮かべたりコタツにいれたりすると溶けるかと思います(パラオにはお風呂もコタツもないので想像ですが)。売っているものは黄色から茶色まで色が様々ですが、煮詰め具合によって色や香りが違うのです。買う時ちょっと開けて匂いを確かめ、好きな香りを選びましょう。
私はカープにいた時、時間があったので実際に手作りしていました。半日仕事ですがジャムを煮るような地道な作業で楽しかったです。お客さんに教えながら、薪を炊いてダイビング後に楽しく作っていました。
まず500mlの1ビンを作るのに、茶色くなった椰子の実7?8個が必要です。中身を割ると、もう古すぎて甘くない水のようなココナッツジュースが出て(これは捨てずに取っておく)、殻の裏側に白く硬い果肉が付いています。これをギザギザスプーンのようなものでザリザリと削りとります。これを乾燥させたものがお菓子のトッピングに使われるココナッツフレーク。割りたてを削りとり、ガーゼに包んで絞るとドロッとした白い液が取れます。これは料理に使うココナッツクリームです。新鮮なものは濃厚で美味しいのなんの。これと先ほど取っておいたココナッツジュースを混ぜたものが缶詰で売っているココナッツミルクです。これを8個分取り、鍋に入れて中火にかけます。鍋底を焦がさないように時々へらで混ぜ火加減を調整し、2時間くらい煮立てると白かったミルクは最後に透明になり、表面に天カスみたいなものが集まります。脂肪分が分離して固まり、下に油が残るようです。さらに煮続けると天カス状のものが焦げてきて、汁は透明から黄色、そのうち茶色になります。透明のうちは香りのないココナッツオイルですが、焦げるにしたがって甘い香りが出てきます。いい香りの時に火を止めないと焦げ臭いオイルになってしまいます。
最後に天カスを網でこしてココナッツオイルが完成。残ったカスはキャラメルのような粘りのある甘い味で、お菓子になります。ローカルストアではこれを太ったソーセージのような形でラップで丸めて$1-2で売っていますが、なにせ何の説明もついていないので我々には何が何だか分からないため観光客には全く知られていなく、ココナッツオイルをはじめこれらは、隠されたパラオのアジのあるお土産であると思っています。 

東出陽子

東出陽子 (ひがしで ようこ) 
パラオ暦8年半、総タンク本数4500本(2007年6月現在)。Fish’nFinsガイドインストラクター。国際色豊かな当店の日本人ダイバー部門の営業、予約、ガイドを6年間ほぼ1人で受け持ち、自分が受けたいと思うようなガイディングを心がけている。不定期でリピーターあてに発信する型破りなYOKOニュースが好評。 
URL; http://it-net.ddo.jp/fishnfins/

 

vol.11 ヤシガニを食べよう!!

ヤシガニを食べよう!!

ラオで食べられる珍しい現地の食べ物の1つにヤシガニ(Coconut Crab)があります。ヤシガニは陸に住むココナッツなどを食べる雑食性のヤドカリの仲間です。乱獲が進みミクロネシアでもだんだん貴重な食べ物になりつつありますが、パラオではまだ採れます。採れます、と簡単に言っても現地の人がジャングルの奥に罠をしかけて一晩に1匹採れるような物で、パラオでもやはり高級な食べ物。普段の生活で我々が口にするようなものではありません。日本人にとってのアワビやイセエビのような位置づけです。 
老舗のレストランにはヤシガニがメニューにあります。私の一押しは以前私が2年間勤めていたカープアイランドのレストランのヤシガニ。広島出身の奥さんヒロコさんが経営しています。某店ではこれ1匹で$70はしそうなヤシガニが、パラオ料理フルコースには丸ごと1匹ついていて、しかもその他に料理が7-8品付いて$30です。多分おいしい食材を仕入れるツテがあるのでしょう。その素材のいいこと!ったらありません。 
 ヤシガニはただ蒸すだけで何もつけずに食べます。見た目は巨大な虫??のようでメチャクチャグロテスクです。一番のウリはお腹の中のミソ。何かに例えれば(かにミソ+ウニ)÷2というような味です。ココナッツの内側の白い果肉を食べて生きているので、ミソはギトギトにオイリーですが、とても濃厚で甘いような苦いような香ばしいような、本当に美味!!何かの味に似ている…そう、くるみの香り!ココナッツはナッツですからそればかり食べているヤシガニはクルミのような味になるのでしょうか。ミソはスプーンですくって食べます。ずるずると長い腸も出てきてお客さんはビックリ仰天、気持ち悪すぎ。でもこれもモツのようなもので見かけは悪いですが嫌な味もなく普通に食べられます。お腹以外のハサミや足にもカニ(ヤドカリ?)肉がついています。美味しい日本のカニよりは少しパサパサなのですが、それでもやはりココナッツばかり食べているせいかカニ肉もほんのり甘い。カニ肉にミソをつけてカワハギの肝あえのように食べることもできます。

筆すべきは、ヤシガニは超スタミナ料理であること!!私はびっくりしました。ヤシガニを食べると連日3ダイブで疲れ果てていても、食べた夜は深夜2時まで本が読め、朝も5時にカキーン!と目覚めてしまう。たくさん食べるといつもです。ちょびっとなめる程度では効きません。お客さんは大体気味悪がって味見する程度なので、残りを私が美味しい美味しいと言ってたくさん食べます。すると1時間もすると顔が脂ぎってきます。私の様に美味しがって食べたおじさんが「昨日全然寝付けなくってさー。」と翌日言っていました。私と同じです。でもたちの悪いものではなく、気分も体調もいいのです。 
カープレストランは気前がいいので私がたらふく食べてもヤシガニは余ります。高価なもの、もったいないから家に持って帰りましたがまたひとりムシャムシャ食べるのはなあ、と思って翌日思いつきでヤシガニパスタを作ってみたら、これが大成功、出来たてから最後までこってり美味しく、カルボラーナのような、日本で2900円するワタリガニスパゲッティのような、白ワインとよく合うクリーミーな味。以下のように作りました。 

1. フライパンにサラダ油を少しひき、弱火でニンニクのみじん切りをたっぷり2分熱する。
2. 1.に昨日残ったヤシガニの味噌の中身、カニ肉をほぐして混ぜる。
3. 茹で上がったスパッゲッティ(ゆで汁には塩を多めに)を2.のフライパンに投入。
4. その際ゆで汁も多めに加える(1人につき1カップ強)。ドライにしないこと。
5. 1分くらい煮たら皿に取り刻みのりをたっぷりかける。

お試しあれ。

東出陽子

東出陽子 (ひがしで ようこ) 
パラオ暦8年半、総タンク本数4500本(2007年6月現在)。Fish’nFinsガイドインストラクター。国際色豊かな当店の日本人ダイバー部門の営業、予約、ガイドを6年間ほぼ1人で受け持ち、自分が受けたいと思うようなガイディングを心がけている。不定期でリピーターあてに発信する型破りなYOKOニュースが好評。 
URL; http://it-net.ddo.jp/fishnfins/