オリジナルコラム
nicedaytour
執筆者: 村谷 明子
vol.109 楽園パラオの最も静かなシーズン

10901.jpg型インフルエンザや世界的な不況という逆境の中、それでもそれなりに忙しく過ごしたゴールデンウィークが終わり、このあと7月初めくらいまでパラオは1年でもっとも長い、静かな日々を迎えます。政府観光局発信の日本のお客様への「パラオ6月キャンペーン」をはじめ、いろいろな特典をつけて全世界へ呼びかけているのですが、全般的にお客様が少なくなる時期であるようです。昨今の異常気象のせいか、以前ほど雨季・乾季といった違いもなく、そのわりに人も少ないので場合によってはかなりお得なのではないかと思うのですが、なかなか長年の間に構築された認識の壁を打ち破るのは難しいようです。

それでも去年は日本からいらっしゃるお客様が6月は例年より増えたとのこと。今年も続いてほしいものです。  

10902.jpg

写真にも注目ください。普段なら資料のためにひとけのない施設の写真を撮るのに苦労します。でも、今なら大丈夫。静かなビーチ。静かなプール。のんびり、ゆったり。天気も悪くないでしょ???  

また、この時期、ダイビング会社さんも旅行会社さんも当方のようなホテルも日本人を含む外国人スタッフの入れ替わりが普段より激しくなります。だいたいの方が2年ごとにパーミットを更新している関係か、その切り替えを節目にパラオを卒業していく姿が目立ちます。そういう意味でも、なんとなく寂しい気持ちになることも多いです。 (たくさんのパラオを卒業された皆様、お疲れ様でした。どうぞお元気で、新天地でまたご活躍ください。そして、パラオのことも忘れないでくださいね?!)  

10903.jpg

ただ、そうのんびり&しんみりもしていられません。この時期に休暇をとる人も多く、多くの外国人スタッフが年に一度の楽しみとして母国に一時帰国します。ローカルスタッフも子供の夏休みにあわせて休みをとることも多いし。そのため、留守番は入れ替わり少ない人数で日々の仕事を行っていかなくてはなりません。お互いさまですもんね、がんばりますよ?。一時帰国する人の方は、それぞれ周囲からたくさんのお買い物リクエストを依頼され、パラオに戻ってくるときの荷物はかなりの重さになっています。よっぽどおいしいものを食べてくるのか、自身も重くなって帰ってくる人も少なくありませんが。(どうか、しっかりリフレッシュして、元気でちゃんと戻ってきてね?!)  

10904.jpg

それから、お客様の少ない時期をねらって、日ごろできないこともします。レストランやツアーやお店等の最新情報を仕入れるためにお出かけしたり。え? 遊んでるだけじゃないかって? いえいえ、これも勉強なんです。だって、行ったことないところをお客様にオススメしたりできませんから。しばらく行かないうちに、サービスとかすっかり様変わりしているってこともあるし。あとは、今まで来てくださったお客様の履歴データを整理したり、資料を作ったり、スタッフのトレーニングをしたり・・・。  しずかに。のんびり。だけどちょっとずつ前進、していきたいと思っています。どうぞ今後ともよろしくお願いしますね、皆様!

 

 

村谷明子

村谷明子(ムラタニアキコ)
パラオ在住暦3年。年に一度のリフレッシュ休暇を終えたところ。

パラオパシフィックリゾートのフロントオフィス&ゲストサービス&留守番担当。

 

vol.83 冷たくて甘くておいしくて・・・

 

ラオのような暑い所で、冷たくて甘くておいしいデザートを味わう瞬間。至福の時ですよね。冷たくてドライな泡の立つ飲み物があればそれでいい、という人も多いかもしれませんが、それはさておき。今回は、パラオのクールなスイーツを紹介します。

 

まずは、ガイドブックなどにも紹介されている「アバイアイス」。「バイ」を模した外観がグッド・・・などと書いていたら、いきなりの閉店。でも、ご心配なく。すぐに同じ所で「ニューヨーク・ニューヨーク・アイス」が開店しました。全く別の経営ですが、メニューは今まで通りのソルべやミルクシェイクなどにハンバーガーもあるとか。でも、前の名前のほうがパラオらしくてよかったなあ・・・。

その「アバイアイス」が移転? と思わせたパレイシアホテル正面の新「アバイコーヒーハウス」。名前は似てますがこちらも別経営とか。俗にいうシアトル・カフェ系。店内の壁上部は名前の通り、アバイの装飾を模した黄色地に黒の模様。パラオの昔の写真なども飾ってあって、雰囲気いいです。愛想のいいお姉さんがにこやかに対応してくれます。ドリンクメニューは豊富だし、入れるミルクの種類を選べるし、ホームメイドのバナナケーキやパウンドケーキなどもあります。スタンプ10個で次の1杯が無料! 営業時間が今のところ午後6時までと早めなのが残念。日のあるうちに街中に出かけた時にどうぞ!

次は、「RUR」のイート・イン・コーナー。日本人には涙が出るほどありがたい宇治金時カキ氷などがあります。室内なので食べているうちに寒くなってしまうという人には、これまたおいしいコーヒーとセットで注文することをオススメ。

アイスクリームだったら「ネコプラザ」か「ココナッツハット」。特に「ネコ」はシングルスクープでもダブル並にたっぷりよそってくれる太っ腹なところが好感度高し。ただ、フレーバーによってはパラオ人でも甘くて2口は食べられないものもあるので、要注意!

その他、各レストランにもご自慢のデザートがありますね。知ってはいるんです。ただ、食事の段階でおなかいっぱいになってしまい、なかなかデザートまで辿り着けない。なのでこの分野は私にとっては未開拓な部分。詳しい人、ぜひ、教えて下さい。今度はそこに焦点を当てて食事に行きます。・・・といっても絶対食べ過ぎちゃうんだけど・・・。

デザートではないけれど、冷たくて甘くておいしいドリンクなら、「ザ・タージ」のラッシーやスイカジュース。(このスイカジュースはおいしいけど種が邪魔で飲みにくいのが玉にキズ。)「ベム・エルミイ」のミルクシェイク。わたしはモカフレーバーが好き。パラオ・ロイヤル・リゾートさんの甘い方のアイスティーもいいですね。ちょっとだけ甘すぎるけど。ここは、テイクアウトできるショーケースの中のデザートもうれしい。つい何かしら買ってしまいます。

さて、もうすぐこの分野にまた一つ新しいスポットが登場します。この文章が掲載されたころにはオープンできているでしょうか。(何事もスローなパラオだけにかなり心配。)パラオ・パシフィック・リゾート内、もとフォト・パラオがあった桟橋のふもとの所にちっちゃなアイスクリーム屋さんができる予定です。同じ建物内には、ミラド美容室から独立したかわいいネイルサロンが先に開店しました。ぜひ、遊びに来て下さい。あなたのパラオライフがさらにスイートなものとなりますように!

 

 

 

村谷明子

村谷明子(ムラタニアキコ)
パラオ在住暦はや2年半。

パラオパシフィックリゾート(PPR)のフロントおよびゲストサービス担当
 

vol.52 パラオでウエディング!

回は、パラオで永遠の愛を誓いたい方に捧げます。私の勤務先、パラオパシフィックリゾートでは、ウエディングも承っています。このサイトの現地発信情報でも以前に発信していただきました。よかったらそちらもあわせてご覧下さい。

 

海外ウエディングの定番は「海の見えるチャペルで」でしょうが、当方にはチャペルはありません。パラオの青い海、青い空、白い砂浜で結婚式をあげたい方のために、毎回、ビーチにスタッフが手作りのアーチを作り、生花やグリーンで飾りつけしてしています。あまり豪勢なことはできませんが、南国ならではのトロピカルな雰囲気はバッチリ出ていると思います。夕焼けに染まるビーチで風を感じながら、波の音をBGMに二人のためだけのセレモニー。素敵でしょう?

もちろん、ビーチで式を挙げられるかどうかは天候次第。残念ながらお天気が許さない場合、室内でとなることもあります。(個人的にはロビーで行うキャンドルいっぱいのウエディングもロマンチックで大好きなのですが。)ただし、記録による2006年11月以降、多少のお天気の良し悪しはあれ、ずっとビーチで催行できています。(この原稿執筆当時までの話。)毎回、祈るような気持ちで当日を迎える私たち。パラオでよく効く天気になるおまじないがあったら、ぜひ、誰か、教えて下さい。

ところで、パラオ政府公認の結婚証明書を得るには事前準備が必要です。現在未婚であるという宣誓供述書を作成し、日本人にはなじみの薄い公証人の署名と印を得ます。結婚証明書の事前記入部分を埋め、パスポートのコピーなど必要書類とともに、政府に申請しておきます。そして、式当日、誓いの言葉や指輪の交換の後、結婚証明書に署名をし、証人・判事(または牧師)の署名を得て、それを最高裁判所に持ち帰ってもらい、スタンプを押して大統領のお墨付きをいただく、という形です。これはいわゆるリーガルウエディング、つまり、法的効力のあるものです。この証明書を持って日本で婚姻届を提出する場合、正式な手続きを踏めば戸籍に「?国の方式により婚姻」という記録を残すことができます。よい記念や思い出になりますよね! もちろん、面倒な準備をせずにセレモニー用の法的効力のない結婚証明書を手配することも可能です。いずれの場合も、当方のスタッフがお手伝いさせていただきますのでご安心を。

さて、この4月から、PPRのウエディングを大幅に手直ししました。パラオ到着時から特別な滞在であることを感じてもらえるアプローチ、花嫁さんにはスパでリラックスしていただいてからお支度専用の素敵なブライズルームでメイクやヘアアレンジ、そして挙式時の乾杯はゴージャスにドン・ペリニヨンで。持ち味の手作りの温かさを残しつつ、プライベート感や高級感を追加してみました。ご希望があれば、ドルフィンズ・パシフィックさんのご協力で、オプショナルとしてイルカ達がお二人を祝福するイベントを追加することも可能です。その他、打ち合わせの際から専属の担当者がご希望をうかがいながらセレモニーをアレンジします。ぜひ、いろんなご相談をよせていただきたいと思っています。

私もこちらに来て早2年。たくさんのウエディングを見守ってきました。皆さんそれぞれ思いのこもった、素敵なセレモニーばかりです。ハプニングもいくつかありました。家族や親戚に囲まれた厳かな式の後、いきなりアフロヘアのカツラ付き仮装でお茶目にお色直しをして登場したカップル。ウエディングの後、結婚指輪がなくなった、どこかで落としたかも、と涙でうるうるの新婦さんといっしょにスタッフ総出で暗くなった浜辺をはいつくばって探した夜。ビーチではなく小高い丘の上で挙式をしたいとのリクエストに応え、でっぷりしたパラオ人スタッフ達と息を切らしながら何往復もしてセッティングを丘まで運んだ汗だくの1日。潮の高さを考慮に入れずにビーチにセッティングしたら、ヒタヒタと波がアーチまで押し寄せてきて、セレモニーが終わるまで気が気ではなかった大潮の夕べ。たくさんといっても月に数回程度。もちろん、1日1組限定。ですので、ひとつひとつを大切に丁寧に扱うことができたと思っていますし、これからもそうしていくつもりです。

パラオでウエディング! 興味がある方、ぜひ、お声をかけて下さい!


村谷明子

村谷明子(ムラタニアキコ)
パラオ在住暦もうすぐ2年。
パラオパシフィックリゾートのゲストサービス担当

 

vol.38 空から見た愛しいパラオ

会に恵まれ、ヘリコプターツアーに(無料で)連れて行ってもらいました。空中からの景観でこれほど感動したのはナスカの地上絵以来です。

 

 ご存知のように、パラオ出入国の際のフライトはほとんどが夜間に離着陸するため、なかなか飛行機の窓からパラオを見下ろすことが出来ません。ロックアイランドへのツアーもみんなボートでの移動。シラオネッタイチョウやフルーツバットが空高く気持ちよさそうに飛んでいるのを見るたび、あの視点を持ち得たいとずっとずっと思っていました。

 いざ、ヘリコプターに搭乗。肩とウエストを固定するシートベルトとヘッドフォンを付けたら、フラッと飛び立ちました。拍子抜けするほど、あっさりと。ぐんぐん高度を上げていきます。おとなしくしている分には安全なのですが、ちょっと身を乗り出すと強風に息もつけません。カメラを構えた腕も震えてしまいます。サンダルだって、もうちょっとで海に落ちそうでした。ヘッドフォンが少しズレた途端、ものすごいプロペラ音に脳がやられそうになります。人間が空を飛ぶのは鳥のように優雅にはいかないものなのね、などと思いつつ、あわててヘッドセットの位置をなおす自分。その間も、視線は風景に釘付けです。

 乳白色の温泉のようなミルキーウェイを通過し、まもなくするとジェリーフィッシュレイクです。輝く湖面に、見えるものですね、クラゲのそれぞれの固体がオレンジ色にキラキラ揺れています。ジャーマンチャンネルの全体像をばっちりとらえたあと、前方には、憧れの保護区、セブンティアイランズ。モコモコした、一つ一つが生き物のようなやわらかい線をもつ緑豊かな島々。絶対に人の手で汚してはならないと決意させる幻想的な風景です。

 とどめは復路、わりとマラカル島近くまで戻ってきたとき。パイロットがマイクで何かを伝えてきました。ヘッドフォンから聞こえる言葉を把握するより早く、目が、ジュゴンの親子をとらえてました。大きさが全く違う二頭が、並んでゆうゆうと海を泳いでいます。まぶしい太陽の光と海の輝きの反射で見えなくなるまで、本当に目がはなせませんでした。

 そして、わがパラオパシフィックリゾートに帰還。空から見るリゾートは、なんだかとても愛しく感じられます。宇宙船から青い地球を眺めた人たちも、きっと同じような気持ちを抱いたんだろうな、と思いました。もし、世界中の人が同じように外から地球を眺めることができたら、きっと、戦争なんてもう二度と起こらないんじゃないでしょうか。

 海と陸のアトラクション満載のパラオ。空からのアプローチも素敵ですよ。パラオがもっと好きになること間違いなし! ちょっとお値段が高いですが・・・。ホントは入国時のフライトでこの景色を見ることができたら、訪パの感動も倍増なんですけどね。そうなったらヘリツアー会社の商売は上がったりですが、それ以外はみんなハッピー。パラオ政府、検討してくれないものでしょうか???



渡辺 康太郎

村谷明子(ムラタニアキコ) 
パラオ在住暦もうすぐ2年。
パラオパシフィックリゾートのゲストサービス担当