オリジナルコラム
nicedaytour
執筆者: みわ
vol.144 Palau de Party
Party が怒涛のごとく繰り広げられるこのシーズン、まずはThanksgiving !
先日は友人宅でのPartyでTurkeyをメインとしたご馳走がずらーりとカウンターを彩り、PIEやも6種類くらい。めちゃくちゃ甘い。もうちょっと砂糖控えめだったらあと4つはいけちゃうな...!すべて持ち寄りのホームメイド。「食べて食べて!!もっともっと食べなくちゃだめよ!」といわれ続け、その横には首尾よく使い捨てのプラスチックの弁当箱が置いてあった(お持ち帰り用)
14401.jpgTurkeyとPieを1年分食し胃の休まる間もなく日本人仮装大会がやってきた。
12年前の仮装大会に出たときはマイケルジャクソンのスリラーを真似して焼酎の一升瓶をもらった。(賞品)今回はパラオハイスクールの生徒に仮装。そう、私の大好きなサイババ先生風に装ってみた。愛娘は得意のBelly Danceでその名も「Sexy Beyonce」を披露。拍手喝采の中仮装大会は終了。今回のご褒美はホテルの宿泊券!ベリーダンスチームがGETやったあ!!私のほうは何もなし(笑)がっくり。ちょっと地味だった。

14402.jpg参加するの大好きは今も昔も変わらず親子で続行中。(気が向いたらね)いつまで続くの?日本では考えられないような多忙な日々(もうひとふんばりだ)朝の渋滞だってたかが十数分。通勤通学もらくらくPalauはやっぱりスローライフ?なの?家でのPartyはもとより友人知人とのお付き合い、そしてパラワンFamilyの歴史的習慣「Baby shower」は一日では終わらない!体力勝負!午前中まもなくParty開始からお星様が見えるころまで食べっぱなし。ダイエットなんてもってのほか。食べなきゃ失礼極まりないという感じ。日本でいう「衣装ケースに入ったお祝いの食事」が長い長いビュッフェラインを彩る。衣装ケースの前には葉っぱで作った虫除け団扇をもったお手伝いのパラオ人がにっこり笑顔でサーブしてくれる。
パラオ人バンドによる演奏は、炎天下の中でのお祝いダンスを感動極まりないものへと演出。$1紙幣をもって手をひらひらさせバンドミュージックに併せてDanceDanceDance!知人友人もしくは家族ごとに超のりのりのパラワンダンスで宴も絶好調。(感動的)お帰りの際に予め用意された「お持ち帰り用」パラワンフードをいただきご満悦。私の大好物は「Chaho(あほ)」という食べ物(あほだね・すぐに覚えた名前)甘党にはやめられない味!(ココナツ味)!殆どの宴に登場。是非お試しあれ!
Partyというべきか?BeachでのPartyではなぜか「鳩料理」を満喫。それは愛娘の大好物。見た目は悪いが味は美味しい。(煮込み料理)
BBQはもちろん「自家製マリネ液」に漬け込んだお肉をいただきまーす。各自スペシアルなレシピがあって作り方は秘密!すごーく美味しい。私も勉強中!
14403.jpgLadies Nightと称した家でのPartyでは仮装した隣人の旦那様をバーテンダーにみたてマルガリータをオーダー!(これがまた特別美味しい!)ちょっとパラオじゃないみたい!!そんなときは特別料理の出番。世界各国を放浪中の気の置けない仲間との持ち寄りPartyはとっても心地よい。

でもでもやっぱり納豆が食べたい。そんな日もありますね!!
幼少のころからの私の夢「南の島で暮らすこと」が現実となった今だけど、これじゃ日本での生活とあんまり変わらないなあ?でもパラオで知り合った仲間との充実した日々は、私に「パラオに住んでる意味」を再確認させてくれる。やっぱりパラオがいいねえ!!そんな感じ〜!
(記:2010年11月)


inouemiwa.jpg MIWA
1997年からパラオ在住
vol.104 芸は身を助けるの...かな?


 

の娘の将来の夢は「ポップスターになること」今そこらへんで大人気のHANNAH MONTANAみたくなりたい!!毎日そう願ってはHANNAH MONTANAの歌を口ずさみ勉強道具もHANNAH MONTANA、上から下までHANNAH MONTANAの洋服を着てPARTYにお呼ばれしたときはサンタクロースから貰ったHANNAH MONTANAのヘアウイッグをつけて登場。いつのまにか大人に取られたりして大人にも人気のアイドルHANNAH MONTANA。 
パラオ人のわが娘は成長期真っ只中。それは憧れのポップスターになるために???

 

先ずは義務教育!パラオも日本と同様です。しかしちょっと違うところがあります。それは生徒/先生が多国籍なので色々な国の文化が学べます!!これはとてもラッキーなことです。高い授業料を払わずにして学べるインターナショナルな子育て!!なーんちゃって。 
ちなみに娘の通う学校ではこんな感じ! 
生徒/パラオ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、台湾、ベトナム、韓国、フィリピン、中国、イスラエル等 
先生/アメリカ、パラオ、フィリピン、インドネシア、ドイツ、ルーマニア、カナダ、ロシア等

それにしてもパラオの朝は早い!!私は朝5時半におきて娘のお弁当を作り、カワイィ3匹の子ネコちゃんの世話をして、なんと7時20分には学校に!!(通学時間およそ15分(車)/朝は混んでいる)(日本は確かもっと遅かったような気がします)

学校から帰ると習い事の時間。私の知る限りでは1.水泳2.ポリネシアンダンス3.パラワンダンス4.ベリーダンス5.ピアノ6.タイクワンドー たまにサッカー教室が開催されてみたり夏には「サマーキャンプ」「サマースクール」「絵画」があったり夏休みは何かしらやっています。(大体8歳以上から参加可能) 
面白いのは習い事をしている子供はいつもの顔ぶれということです。(選択の余地は有りません!!) 
例えば「あの先生が素晴らしいのよ。でもこっちもいいわね」なーんていえないのです。ほとんど全てひとつずつしかないから….。 
わが娘は今のところピアノとベリーダンスを習得中。火曜水曜木曜は家にたどり着くのも7時過ぎ。(私はお迎えの時間までトラックアンドフィールドでウオーキングしています)今はこれ以上習い事は無理と言う感じですが、幼稚園の頃はピアノ+水泳と今はなき「空手教室」に通っていました。くたくたです。 
そして長?い夏休み(5月下旬から8月上旬)はサマーキャンプに入りそんじゃそこらじゃ学べない何か?楽しいことを沢山発見できたようでとても楽しかったようです。日本にもありますよね!!(私も小学生のころ「カウボーイスクール」に入り静岡県の朝霧高原にいったことがあります!懐かしい!!そのときのことは今でも良い思い出です。) 
娘はセブンデーアドベンティストという学校に通い、父親も同じ出身でもあることから必然的に入学。現在小学三年生(日本では小学2年生)になる娘の担任の先生はアメリカのテネシー州出身の20代の女性です。私とパラオ人の父親の間に生まれた娘の公用語は英語。もちろん日本語もとても良く話せますが友達と話すときは全て英語。(そりゃあそうだ!)クラスメイトは母国語じゃない英語を話す子供が多く、授業はパラオに住みながら英語仕込み。私としてはうらやましい限り。
ベリーダンスの先生もアメリカ人。私も娘共々習っていましたがすぐに脱落(すごくへたくそなのです。)今は娘のみ習得中。こちら週二回5時から6時まで。子供の部が終わると大人の部。こちらはアメリカ人、フィリピン人、ニュージーランド人、アフリカ人、韓国人、パラオ人など等…やっぱり多国籍。 
初めてベリーダンスを見たとき「なーんてセクシーなダンスなんだ」って驚きましたが目が慣れたせいか今では「もっとおなか出した方がいいかも?」とか「もっと早く腰振ったほうが…」とか思ってしまいます。このベリーダンスは最近レストランやウエディングでの「ショータイム」にお呼びがかかったりして「パラオなのになぜベリーダンス?」と言う感じで巷で気になる存在に。(こちらは観光客よりローカル向けですね!) 
そしてピアノ教室。日本にいる母からピアノを贈ってもらったため、もうやめることができなくなりました。 
ピアノの先生はフィリピンのやはり20代の女性。やーっぱりこっちもお稽古事の顔ぶれは見たような顔ばかり…。一年に2回のピアノリサイタルに着るドレスのために頑張っていますよ!!(ドレスのために….) 
なにはともあれ「何かを始める」「続ける」ことは私の教育理念上というより信念でありまして…。(自分が実行できなかったから)ダンスとピアノ??将来役に立つことがあるのだろうか??ちょっと不安ですがこの先、学校の勉強と共に向上させていきたいと思います。(やる気満々) 
この先何かにぶつかったとき、もしかして心の支えになるかもしれない。寂しいときや辛いとき、もしかして楽しいとき、嬉しいとき。人生何が起こるかわからないから「一芸できて難を逃れる」(私が考えたことわざ)じゃないけどわが身を助けることがあるかもしれません。その「いつか?」が一生来ないかもしれません。とりあえず何もしないでふらふらしているのもなんだから….って多少思いながら教育熱心風に生活しています。いつかパラオのポップスターになるために?

 

 

みわ

みわ
パラオ暦:11年
趣味:特別料理、ウオーキング・人間観察(昔はダイバー) 仕事:接客業 星座:山羊座 血液:O+年齢:思い出せない ペット:凄くかわいい猫3匹

 

 

vol.76 Trick or treat!

 

T

rick or Treat! もうすぐ子供も大人もお待ちかねのHalloweenです。
真夏のクリスマスに引き続き真夏のHalloween!!この日はとびっきり怖い衣装を身につけて(たまにスポンジボブとか相撲とかナースの格好してる人がいるけど。それもかなり怖い)子供たちはお菓子をくれそうな住宅街を練り歩きます。世界共通10月31日!夕日が沈んで暗くなってからメインストリートを歩く人間ゴーストたち。町のあらゆるホテル、レストラン、お店などの店頭にあるバスケットには飴玉がてんこもり。とある住宅街では30分くらい練り歩くとスーパーのビニール袋がいっぱいにお菓子が貯まります。そこはパラオのビバリーヒルズと言われるところ。ここだけの話し内容もゴージャス!飴玉を中心にクッキー、チョコレート、キャラメル、そしてシリアル等なんでもありです。それぞれの家の外装はHalloween仕様にデコレーションされ電気代の値上がりした今年はどうなることやら?きっと真っ暗で怖いんだろうなあ。(多分節電のためろうそく仕様のお宅が増えることでしょう?ビバリーヒルズなのにね)お化け屋敷も長蛇の列!そこらじゅうで悲鳴が!そして海に近いBARでは大人向けのPARTY!それぞれが変装して仮装PARTYに参加します。夜遅くまで楽しいひと時。こちらは子供が寝静まってからのお楽しみ。
これが終わるとクリスマス!パラオの一軒一軒のおうちがきらびやかなネオンで染まります!(あ!電気代!!)真夏のクリスマスはサンタさんがあつそう!!まあ、そんなこんなで年末は楽しい日が続きます。
でもこんな当たり前の話なんてまーったくつまらないですよね。それでは怖い話?そう、パラオの怖い話。写真つきです。いいのかな?でもこの写真のおかげでかなりの大打撃!眠れなかった!(それだけ??)よく見てください。顔が3つに蛇の顔。みつかった??右横にもこの物体を見ている人の横顔。
こんな恐ろしい写真を公開していいものか?嫌がらせ?もう一枚はなんと映画「空手キッド」に出てくる空手の先生「宮城さん」にそっくりな人が!
写真を発見した翌日、パラオ人の友達に見せたところ「アーあそこはホーンテッドプレイスよ!私のおじさんがそこらへん通るときよく見るっていってたわよ!!」とのこと。すごい怖いこと聞いちゃった。だってこの写真、うちの隣の家のお庭でPARTYしたときの写真。ますます恐怖の窮地に。だって写真にある顔に見覚えないんだもん。でも慣れとは恐ろしいものですごく怖がりながら意を決して写真を見せた人々がなーんてことない反応なばかりなため、恐怖の度合いが半減。友よ!ありがとう。一人じゃ生きていけないよ!

写真を公開した友人の中に「僕の古い家(100年以上だって)にはゴーストが住んでるんだ。僕だけじゃなくて家族みんな見てるんだよ!おじいさんのゴーストさ」って気軽に言われちゃうと玄関の上にわざわざ日本から買ってきてもらった厄除けのお札(私はあまりについていないのでお土産に友人から頂きました)を貼って自己満足してる私はいったい何?というより厄除けはゴーストよけに効くの??わからない。でも友達の家に住んでいるゴーストは家を守ってくれているそう。そりゃあよかったね。私は怖いんだよ!!ふん!数年前にブラックマジックにかけられたことのある私はゴーストとか呪いとかはかなり信じてる。だけどみんな信じないだろうなあ???(笑)知る人ぞ知るブラックマジックのお話はまた後ほど。Halloweenにちなんでパラオちょっとの怖い話でした。お化けなんかいないよね!(PHOTO BY 愛娘8歳)

 


 

 

 

みわ

みわ
パラオ暦:11年
趣味:特別料理、ウオーキング・人間観察(昔はダイバー) 仕事:接客業 星座:山羊座 血液:O+年齢:思い出せない ペット:凄くかわいい猫3匹

 

vol.55 サイババ先生は人気者

ラオに来てから(注:雨天、病気、面倒くさい、デート以外)はトラックアンドフィールドで歩いています。理由:1.やせたいから2.健康3.暇つぶし4.ストレス発散など。顔見知りのメンバーで、歩いたり、走ったり、サッカーしたり、フリスビーしたり、砲丸投げしてみたり、それぞれ好きなことをしています。最近、私は34から脱出しつつ、マイブームを見つけました。それは「人間観察」!サイババ先生を観察することです。実はこのサイババ先生(勝手につけた名前)は私がトラックを歩き始めた頃(約10年前)から眼中にありましたが、さほど気にも留めていませんでした。しかし、この数ヶ月の間に「マイブーム」となるべき人物になっていて、目が離せなくなるほどまでに私の心を虜にさせている人物です。先生は多分パラオ高校の陸上部の顧問。かなり目立っています。ファンキーと言う言葉がこれほどマッチするパラオ人はなかなか見つからないと思います。(注:先生は人気者です。いつも彼と、天使のような可愛い生徒たちの笑い声が(大爆笑?)トラックアンドフィールドを木霊しています。) 
先生の容貌は大きなアフロヘアで、いつも後ろに大きな櫛を刺しています。(挿す?)頭の形は上から見ても横から見ても後ろから見てもほぼ四角?まるでまるで1970年代にタイムスリップした?そんな懐かしい彼です〔彼?〕年齢不詳。サイババ先生のことを知り合いに話したところ「あーお父さんも同じくアフロで親子良く似ている」って….!同じような人がもう一人いるなんて?会ってみたいような?(見たい)気がします。お父さんもアフロってことはお爺さんもそのまたお爺さんもアフロかな? 
歩きながらこの原稿のこと考えて「アー写真も必要だ!しかも3枚?!」とか考えて「先生の写真も撮らなくちゃ」「でも今さらカメラ片手に歩けないし恥ずかしいし…」なーんて色々考えながら友達に頼んで撮影してもらった写真です。(いまさら自分で撮影するのは恥ずかしい)いつまでこのマイブームが続くかわからないけど、今はサイババ先生に夢中な私です。

 

いつかパラオを訪れるときがあったら是非覗いてみてください。*注?トラックアンドフィールドはパラオコミニュティカレッジの裏のグランドです。


みわみわ
パラオ暦:11年 
趣味:特別料理、ウオーキング・人間観察(昔はダイバー) 仕事:接客業 星座:山羊座 血液:O+年齢:思い出せない ペット:凄くかわいい猫3匹