★★ たばこ持込の免税範囲と税率変更のお知らせ★★
Date:2013/08/16
パラオ共和国大統領は2013年7月31日にRRPL第9-7、1301条の輸入税課税の改正を認証した。この法令は以下のものと規定される。 

目的に関係なくタバコをパラオ共和国に輸入する者全ては、以下の税率で税を徴収される。
 (1) 紙タバコ:2013年12月31日までは、一人当たり20本入りの紙タバコ1箱までは免税とし、それ以上は0.17キロ(0.06オンス)あたり(1本フィルターを除いた部分の長さが2インチの紙タバコ20本入りを1箱とする単位で)$2.00、2014年1月1日から2014年12月31日までは、$3.00、2015年1月1日以降は$4.00の税金を徴収される。 
(2) 紙タバコを除くその他のタバコ製品すべてにおいては、二コタニア属タバクム種の植物から生産された喫煙、チューイング、吸引に使用される製品においては、葉巻、パイプ用タバコ、噛みタバコ、葉タバコは0.17キログラム(約0.06オンス)あたり、2013年12月31日までは$2.00、2014年1月1日から12月31日までは$3.00、2015年1月1日以降は$4.00の税金を徴収される。ただし、条件として運輸業便でパラオに入国する者で葉巻1本、もしくは3オンス以内のパイプ用タバコ、チューイングタバコ、葉タバコにおいては、免税とする。

情報提供:ベラウツアー